LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w お客様にオーダーメイドで素敵な眼鏡を作っていただきました。

こんにちはヤノです。

今回はデンマークのアイウェアブランドLINDBERG(リンドバーグ)からn.o.wシリーズのフレームを実際にお客様にオーダーしていただいたので、フレームをご紹介したいと思います。

LINDBERG(リンドバーグ) のフレームの魅力の1つとして、フロント・テンプルの色・形など、自分で選択できるので、理想に近い眼鏡が作れる所。
なので、自分自身で選んだからこそ愛着もきっと持てるはずですよね^^LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w お客様にオーダーメイドで素敵な眼鏡を作っていただきました。 LINDBERG

現在37種類あるデザインの中からフロントにキーホールブリッジのデザインが採用されたボストンシェイプ、テンプルのモデルは3種類のベースとなる形がありますが、今回は下の画像の真ん中のタイプを選んでいただきました。

フロントはクリアベースのグリーンカラー・テンプルにはアンティークゴールドとクラシカルな雰囲気の色の組み合わせ。
LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w お客様にオーダーメイドで素敵な眼鏡を作っていただきました。 LINDBERG

LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w 6541 46□21-140 

LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w お客様にオーダーメイドで素敵な眼鏡を作っていただきました。 LINDBERG フレーム自体に無駄なパーツが一切なく非常にシンプルに仕上げられています。

シンプルな見た目ですが、素材は医療の分野で使われているチタンやシリコンなど素材にこだわり、華奢な見た目ですが壊れにくく、まだ取扱い初めて2年程ですが修理依頼は未だなしという、店頭にある眼鏡ブランドの中では最も修理の受け付けが少ないブランドでもあります。
LINDBERG(リンドバーグ) n.o.w お客様にオーダーメイドで素敵な眼鏡を作っていただきました。 LINDBERG フレーム自体の軽さもそうですが、実際に度付レンズを入れてこの軽さなので、長時間かけ続けても負担がほとんど鼻・耳にかからないのでストレスなく楽に使っていただけます。

今までグリーンの眼鏡を購入した事がないという事もあって色の抵抗は若干あったかもしれませんが、クリアベースの生地なので、掛けてみると自身の肌の色がフレームカラーの一部となってナチュラルに掛けてもらえた部分も気に入ってもらえました。

ぜひ一度店頭でお試しください。

コメント

*
*
* (公開されません)