alain mikli(アランミクリ) A00421J 

こんにちはヤノです。

今回は以前ご紹介したフレームalain mikli(アランミクリ) からA00421Jで店頭初入荷カラーのご紹介です。

古くはAL0021 → AL0421 と品番を変え、15年以上の長きに渡り作り続けられ『定番』という表現がふさわしい、同ブランドではもっともシンプルなフレームになります。

すでに生産終了となった同モデルを2014年に日本別注で復活、生産しスペシャルカラーでリリースしたのが今回のフレームです。
レンズ天地幅をやや広めの28mm と3mmアップし、遠近両用レンズにも対応できるレンズシェイプにしています。alain mikli(アランミクリ) A00421J  alain mikli alain mikli(アランミクリ) A00421J  alain mikli alain mikli(アランミクリ)  A00421JW col.3377 53☐18-135 ¥56,160(税込)

アクセントとなる中央のツーブリッジ。
フロント正面・サイドのどこから見ても、このモデルは全て真っ白で統一されています。
alain mikli(アランミクリ) A00421J  alain mikli その中で、メタルフロントはマット、テンプルは艶のあるアセテートの素材になっています。
以前ご紹介したモデルはブローの部分が上下で違う色が使われていましたので、見られる角度によって違った表情になっていました。
alain mikli(アランミクリ) A00421J  alain mikli アランミクリの言葉で『見るための、そして見られるためのメガネ』という言葉があります。
今回は同系色でまとめることで統一感・ファッション性も意識したカラーとなっています。

『元来、メガネとは視力矯正や眼の保護を目的としたものである。しかしそれだけではなくTPOやコーディネートに合わせられるアイテムとして、欠点をカバーするのではなく、長所を引き立てるデザインでファッション性を楽しむべきものと考える。』alain mikli(アランミクリ) A00421J  alain mikli 艶を抑えた落ち着いた印象のマットなフロントはチタンを採用されています。
是非店頭でお試しください。

コメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでコメント