ちょっと真面目に紫外線の話でも・・・

こんにちは、ウチヤマです。

さて、今日2回目は「もう梅雨明けしたんじゃね?」っていうくらい暑いので。

ちょっと真面目に紫外線の話でも・・・ つぶやき

紫外線の話でも。
太陽からはさまざまな光が発せられています。X線・γ線は地球を覆っているオゾン層によって地表に届くことはなく、赤外線・可視光線・紫外線がオゾン層を通り抜けて地上に降り注いでいる太陽光線となります。


紫外線と一口にいっても3種類あり、紫外線は波長(ナノメートル)が短いものほど人間の肌(皮膚)に与える影響が強くなります。(UV-A < UV-B < UV-C)

UV-A・・・
私たちが普段浴びている紫外線のほとんど、約90%以上はUV-Aです。UV-Aは1年中、また波長が長いため気候、雨、くもりなどに関係なく地表に降り注いでおり、紫外線の中では最も悪影響(害)が少ないと言われています。肌のハリ、弾力に大切な「コラーゲン・エラスチン線維」を切断させ、シワ、たるみの原因になります。

UV-B・・・
オゾン層によって吸収されるため地表には届かないのですが、近年オゾン層の破壊が進み地表にも少し届いており、UV-Bに最も気をつけなければならない季節は夏場の晴天時です。またこのUV-BはUV-Aと違い肌の表皮までしか届きませんが、その有害性はUV-Aの100~1000倍強いとされており、シミ、シワ、肌の乾燥などの美容に悪影響があるだけでなく、免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも分かっています。

UV-C・・・
紫外線の中で最も有害性が強いと言われていますが、UV-B同様オゾン層によって吸収されるため地表には届いていないと言われています。しかしオゾン層の破壊が進み標高の高い山頂などでは確認されており、今後、地表に届く可能性も否定できません。

ちょっと真面目に紫外線の話でも・・・ つぶやき

眼に紫外線を浴びるだけでメラニンが作られるため、肌(皮膚)が黒くなり、日焼けしてしまう事が分かってきました。つまり例え腕、足などの身体を紫外線から守っても眼に紫外線を浴びるだけで日焼けしてしまいます。眼に紫外線を浴びれば浴びるほどシミもできやすくなるということなので、眼を紫外線から守ることは白内障など、眼の病気の予防だけでなく、美容にも非常に重要になってきます。

眩しいから=サングラス ではなく、紫外線対策は眼病予防や美容(美白)にも繋がります。サングラスは勿論、クリアレンズもUVカットは100%となっています。

是非店頭でお試し下さい。

コメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでコメント