O様のメガネのメンテナンスが出来上がりました。

こんにちは、ウチヤマです。

さて、今日は表題の通り、O様のメガネをメンテナンスしましたのでご紹介します。

メガネは毎日使っているとフレーム、レンズともに細かなキズや皮脂や整髪料などでの油汚れなどが付き、少しずつ経年劣化していきます。特にフレームに使われるプラスチック素材は素材内に含まれる油分が乾燥するためフレーム表面が白く変色したりもしばしば。

O様のメガネのメンテナンスが出来上がりました。 加工
今回O様よりお預かりしたメガネも毎日の使用で写真左のように粉をふいたように白くなり、また、ツヤありだったフレームもツヤが無くなっています。

O様のメガネのメンテナンスが出来上がりました。 加工
一度フレーム全体を、白く変色した箇所は特に念入りにサンドペーパーで削り、再び磨き上げていきます。
ブリッジ部分の細かなキズもほとんどなくなりました。

O様のメガネのメンテナンスが出来上がりました。 加工
装用時に直接肌に触れている、耳のあたりや鼻周りは特に経年劣化が出やすい箇所になります。
メンテナンスすることで再びツヤを取り戻し、ご購入当時の状態に近づきました。O様にも納得していただけると思います。

※経年劣化の状態によっては元通りにならないこともあります。

コメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでコメント