調光レンズの上手な使い方とは?|「メリット・デメリット」

こんにちは。

さて、以前にも調光レンズについてご紹介しましたが、今回は個人的に思う調光レンズの使い方のお勧めをお伝えできればと思います。

そして、反対にお勧め出来ない状況、デメリットについても触れていこうと思います。

さて、まず調光レンズとは?
簡単に言うと、紫外線(UV)量によってレンズが変色するレンズ。
太陽が昇っている(紫外線を浴びている状態)間はサングラスのようにレンズの色が変わります。
調光レンズの上手な使い方とは?|「メリット・デメリット」-つぶやき 室内では無色透明で、屋外ではサングラスに変わるレンズと言ったらすごく都合の良いレンズのように聞こえます。

調光レンズには2つの特性があります。

①紫外線(UV)量によってレンズが変色します。
紫外線量が「多い時→色が濃くなる」「少ない時→色が薄くなる」
紫外線量によってレンズ濃度を調節します。

温度によってレンズ濃度が変わるということ。
温度が低い時ほど色が濃く、温度が高い時色が薄くなります。
5月~6月の梅雨時期頃は、気温が低い割りに紫外線量が多いので濃く変色します。

逆に夏場の30度以上の気温になるとレンズ表面の温度も上がり、色が変化している状態を維持できず色が薄くなります。

こちらは、OAKLEY(オークリー)純正の調光レンズです。

正面左が元のクリアな状態。右半分は紫外線に当て、色が変わった状態です。
調光レンズの上手な使い方とは?|「メリット・デメリット」-つぶやき 例えば、ロードバイクやランニングをする方は、朝も夜も走ることが多いですよね?

調光サングラスなら昼はサングラスとして、夜はメガネのようにクリアなレンズへと変わりますので勝手が良いです。

こちらは半分を布で隠し、もう半分は紫外線を浴びさせたレンズです。
調光レンズの上手な使い方とは?|「メリット・デメリット」-つぶやき 紫外線が当たっている部分はサングラスのように変化し布で覆った部分は変化なしです。

屋内でのお買い物の際なんかにもお勧めです。

室内に入ってしばらくすれば徐々にレンズは薄くなりますので、カバンの中から出したり直したりと、面倒な作業が省けます。
調光レンズの上手な使い方とは?|「メリット・デメリット」-つぶやき 調光レンズのいい点は、わざわざ面倒な掛け替えをしなくても1本のサングラスで屋外・室内と兼用できるので、非常に便利なアイテムだということ。

反対にデメリットの部分としては、紫外線量によってレンズが変色するため、車のフロントガラス自体が紫外線(UV)をカットしてしまう為、車内でのレンズ変化はありません。なので、ドライブする際のサングラスとして使うとするなら不向きです。

また『薄い⇒濃い』に変化するときは僅か1分足らずで変色しますが、『濃い⇒薄い』の場合、徐々に時間をかけて戻ります。

約10分程度の時間をかけてゆっくり元の状態にもどっていくので、思ったようにレンズが変色しない点はデメリットの1つかもしれません。

上の画像は、時間にして約10分間でレンズが変わっていく様子を捉えたものです。

左から順番に徐々にかけて色の変化していくのがお分かりいただけると思います。

そして、使用頻度にもよりますが、レンズの寿命は約4年ぐらいを目安にと以前お伝えしたことがあります。

調光レンズにも勿論寿命があります。調光レンズの場合は色の変化が経年変化でどんどん薄れていきます。

寿命ともなれば一番薄い色でもなく、一番濃い色でもなく丁度中間の色に落ち着き、色の変化が徐々に起きにくくなっていくという点もあります。

さて、今回の調光レンズ。
用途によってメリット・デメリットも勿論出てきますが、理解した上で使うと、とても良いパフォーマンスをしてくれるレンズです。

2ndサングラスとしてであったり、度入りで眼鏡・サングラスのお持ちの方は、手荷物を持たないまま1日を過ごす方にはお勧めです。

度付き対応もできますので、是非店頭で実際に体験してみてください。